古本業界へ漫画を売りに赴きシチュエーションカードも更新してもらいました。

つい先日広場のクレンジングをしていると、もう読まなくなったコミックが出てきました。
やむを得ず不要なのでまとめて置きましたが、いずれ「これって売り払えるのでは」と思いつつもいざ売りにいく余暇がありませんでした。
それでもいいかげん処分しないと邪魔になるので、それらを手提げ袋に入れ手提げに入れました。
どうして手提げかと言いますと、乗り物がバイクしかないのです。
これがマイカーだと丸々大量に詰めるのですが、バイクなので一種しか持ち歩くことができません。
なので、一際酷い賜物から売りに行くことにしました。
今出したものが、辞書並みに根深い娯楽の克服媒体、中途半端におっきいコミック、ハリポタレベルの本。
13冊になりました。
いざ売りに行くと調査まで時間がかかるらしいので店内でうろついていると、3食い分もしないうちに呼ばれました。
とても間かからないねと思いつつもレジへ行くというカギカードの表示を求められ、青の古市のカードを出すと、
そのカードは今や使えないんですよ。
身は短時間、この方何言ってるんやろと思いました。何せ6000カギも入ってるのですよ、今更無効とかやめてねってなりますよ。
細かく聞くと、一新もらえるみたいなので即座に更新してくれと頼みました。
心臓に悪いですね。柔らか1媒体買えますよ。
因みに注文値段が13冊で560円でした。安いですが処分したかったのでフレーズ言わず販売。
また晴れたお天道様にでも残りの媒体を売りに行こうと思います。せふれを作ってやりまくりたい人のサイト